AEAJ専科資格コース


⑬アロマブレンドデザイナー資格対応コース

イメージフレグランスコンテストの入賞も目指せる!


アロマブレンドデザイナーとは?

精油を組み合わせてブレンドすることで、

さまざまなシーンや目的に合ったオリジナルの香りを創作することができる能力を認定する資格です。

ブレンドの知識や技術をアロマテラピーを行う際に活用することや、

創作した香りを楽しみ、その魅力を伝えるのに適しています。


こんな方におすすめ

☑ オリジナルの香りによる空間芳香や、フレグランスづくりを楽しめるようになりたい

☑ 教育の場や、トリートメント時にブレンドの知識を活かしたい


取得方法

☑ アロマテラピー検定1級に合格する

☑ AEAJに入会する

☑ アロマテラピーアドバイザー資格を取得する

☑ アロマブレンドデザイナー標準カリキュラム(20h)を受講する

☑ 受講後に発行される履修証明書をAEAJに提出し、資格登録手続きを行う

 

※履修証明書の有効期限は履修終了日から5年間です。


カリキュラム

学習科目 学習時間
 「精油のブレンド技術」を学ぶための基礎知識 2時間 
香りの特徴をとらえる方法
「香りのパレット」を作る 9時間

ブレンド実習とクリエーション(創作した香りを活かす)

9時間
アロマブレンドデザイナー合計時間 20時間

コース詳細

授業時間数:20時間

受講期間:約2か月

受講料:75,000円(税抜・教材費込)

 

※教材精油が不要な方の場合:50,000円(税抜)

こちらの方は33種類の精油をご自身でご用意の上、必ずご持参ください。

 

教材

必須履修精油33種

2016年6月時点でAEAJに入会されている方には全員にテキストが配布されておりますので、そちらをご持参ください。


開催中の校舎はコチラ

東北地方

関東地方

中国地方

九州地方



⑭アロマハンドセラピスト資格対応コース

介護施設やボランティアなど、活躍の場が広がります


アロマハンドセラピストとは?

安全にアロマテラピーを行うための知識を持ち、

第三者にアロマハンドトリートメントを提供できる能力を認定する資格です。

身の周りの方をはじめ、ボランティアや地域活動などにおいて、

第三者にアロマハンドトリートメントを実践するのに適しています。


こんな方におすすめ

☑ 家族や周囲の人々に自信を持ってアロマハンドトリートメントをしたい

☑ ボランティアや地域活動、AEAJ主催イベントなどでアロマハンドトリートメントをしたい


取得方法

☑ アロマテラピー検定1級に合格する

☑ AEAJに入会する

☑ アロマテラピーアドバイザー資格を取得する

☑ アロマハンドセラピスト標準カリキュラム(5h)を受講する

☑ 受講後に発行される履修証明書をAEAJに提出し、資格登録手続きを行う

 

※履修証明書の有効期限は履修終了日から5年間です。


カリキュラム

学習科目 学習時間
アロマハンドトリートメントとは 1時間 
アロマハンドセラピストのための解剖生理学
アロマハンドトリートメントの準備と確認事項 1時間

アロマハンドトリートメントの手技と手順

3時間

アロマハンドセラピストの活動領域

アロマハンドセラピスト合計時間 5時間

コース詳細

授業時間数:5時間

受講期間:約1日

受講料:15,000円(税抜・教材費込)


東北地方

関東地方

関西地方

中国地方

九州地方



AEAJとは

日本のアロマテラピー団体
公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)は、アロマテラピーの普及・啓発を目的に1996年に設立された日本アロマテラピー協会を母体として、2005年、環境省所管の法人許可を受け社団法人になり、2012年、公益社団法人として新たに設立されました。
AEAJは、アロマテラピーに関する正しい知識の普及・調査・研究活動など、さまざまなアロマテラピー関連活動およびアロマテラピー関連資格認定(アロマテラピー検定1級・2級、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト)を実施するとともに、自然との共生をより大切にしながら、自然の香りに満たされた、心豊かで心地よい環境づくりを積極的に推進しています。


ちょっとした豆知識☆

幅広く使われているアロマテラピーコンプリートブック。もしあなたが他のアロマテラピースクールの生徒でも、教科書はコンプリートブックを使うかもしれません。もしかしたら教えてくれている先生が密かにアンチョコとして使っているということもあるかもしれません。それだけ多くのアロマテラピー専門家がライブラが発行しているコンプリートブックを使っています。

それもそのはず!!ライブラとは異なるスクールで活躍している先生が、ライブラ卒業生であることはよくある話です!コンプリートブックが日本のアロマテラピーのスタンダードテキストと言われるのはこのことからなんですよ!