医療や介護の現場で活躍するアロマテラピーの知識を身に付ける

アロマテラピーの常識が変わる!!

『誰かの役に立ちたい、元気になってもらいたい人がいる、家族を支えたい、少しでも痛みを、不安を取り除きたい、そこに寄り添っていたい』こういった思いがある方におすすめなのがISAメディカルアロマセラピストコースで学ぶことができる精油化学の勉強です。

 

看護師でも医師でもないアロマセラピストを選んだのは、アロマセラピストだからこそできることがあると思ったからじゃないでしょうか。そんな人たちに寄り添っていけるためにも、非医療の枠内で行えるメディカルなアロマセラピー、オーソドックスな治療の妨げにならない代替医療を目指してみませんか?

ISAメディカルアロマセラピストコース

≪AEAJ、IFA、IFPA各団体のアロマセラピスト資格をいずれかお持ちの方はこちらのコースをご受講ください≫

法令順守の非医療行為内の施術で、クライアントのQOL(quality of life)を改善し、結果としての自然治療に導く高度なアロマセラピストです。今までのアロマセラピーの資格に物足りなさを感じていた方や、医療関係でのお仕事を目指す方にお奨めの資格です。 AEAJアロマセラピスト、IFAまたはIFPAアロマセラピスト資格取得者は授業の中で免除になる科目があります。 免除時間は各資格により異なりますので、お気軽にご相談ください。 

 

コース詳細

授業時間数:24時間

受講期間:約4ヶ月

受講料:115,000円(税抜・テキスト代込)

 

カリキュラム

メディカルアロマセラピー総論、植物薬理学総論、植物薬理学各論、病理学

※AEAJ、IFA、IFPA以外の団体資格でアロマセラピスト資格をお持ちの方は、差分の学習時間についてご相談ください。

 

受験資格

①ISA認定校において、183時間の所定のカリキュラムに基づき学習したもの。

②AEAJ、IFA、IFPTなどの資格者が、認定校において所定のカリキュラムに 不足する差分の学習(最低時間24時間)をしたもの。

 

ISAメディカルアロママネージャーコース

看護師や薬剤師を対象にした資格制度です

医療機関へのアロマセラピー導入のコーディネーターとして、また患者様への応用に取り組む際の管理者として活動していただくための資格です。トリートメントの手技や施術は専門のアロマセラピストに委ねて、医療従事者であり、本資格の所持者であるものはそのサービス提供の適合性やリスクなどを管理する立場に回るのが現実的であるといえます。病態的、薬理的な科学的知識をもって、患者様をアセスメントし、その患者様に対するアロマセラピーの有効可能性や副作用のリスクの管理を行います。この資格を取得するには、手技(トリートメント)の学習が不要であることと、医療関係の資格取得者は解剖生理学などの学習が不要であるので本コースに加え36時間の学習時間と認定試験の合格により取得できます。

 

コース詳細

授業時間数:24時間

受講期間:約4ヶ月

受講料:115,000円(税抜・テキスト代込)

 

カリキュラム

メディカルアロマセラピー総論、植物薬理学総論、植物薬理学各論、病理学

※AEAJ、IFA、IFPA以外の団体資格でアロマセラピスト資格をお持ちの方は、差分の学習時間についてご相談ください。

 

受験資格

ISA認定校において所定のカリキュラムを修了したもの。

※カリキュラムはISAメディカルアロマセラピストコースと同内容となります。

 

受験対象者

医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師、鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師、理学療法士、作業療法士などのいずれかの免許を所持されている方。

 

ISAメディカルアロマセラピスト専科コース

≪はじめてアロマを学ぶ方で、メディカルアロマセラピスト資格の取得を目指す方≫

STEP2・STEP3・ISAメディカルアロマセラピストコースをセットでご受講頂けるコースが『ISAメディカルアロマセラピスト専科コース』になります。検定試験やアドバイザーの資格を取得した後、トリートメントの技術や医療現場などで役立つアロマテラピーの化学的、薬理的な知識を身に付けられたい方には、STEP2・STEP3・ISAメディカルアロマセラピストコースをそれぞれご受講頂くよりも受講代金を抑えてご受講頂くことができるコースとなっております。

 

コース詳細

授業時間数:189時間 (STEP2+3+メディカルアロマコース)

受講期間:約12ヶ月

 

受講料:581,000円(税抜・テキスト代込)

 

カリキュラム

メディカルアロマセラピー総論、植物薬理学総論、植物薬理学各論、病理学、精油学総論、精油学各論、アロマテラピー利用法、アロマテラピー教育、アロマテラーの歴史、解剖生理学、タッチング論、ボランティア論、基材論、健康学、メンタルヘルス、ホスピタリティとコミュニケーション、コンサルテーション理論、コンサルテーション実技、顔面の皮膚科学、衛生学、ボディトリートメント理論、フェイストリートメント理論、ケーススタディ、ボディトリートメント実技、フェイストリートメント実技

 

 

教材リスト

 

オリジナルテキスト、コンプリートブック上巻、下巻、精油セット(30種類)、手作り実習教材一式、精油BOX、ユニフォーム、フェイシャルセット(ローション、美容液、乳液、マスクなど)、ベッドシーツ×2枚、フェイスタオル×6枚、コンプリートDVD

 


一般社団法人 国際アロマセラピー科学研究所(ISA)とは

医療関連法規の遵守を基本として、メディカルアロマセラピーの健全な普及科学的解釈をすすめる研究所です。

 

アロマセラピストが安心して精油を使い施術を行うために、伝統的利用法や慣習だけではなく、薬理作用副作用も含めた作用の科学的な説明が必要とされています。世界中で活躍するアロマセラピストは1万人と推定されますが、地位向上のためには科学的な説明が不可欠なのです。

 

なのにも関わらず、アロマテラピーや自然療法では常識のように言われている事の大部分が科学的には解明されていないか、むしろその説明を科学が疑問視する事例が多くなっています。具体的にはアロマテラピーの書物の多くやインターネットの情報は他の書物からの引用が行われていたり、商品メーカーが発信した情報を鵜呑みにするところから、誤解や間違いが始まっていると思われます。

 

ISAは一つずつ謙虚にそして真摯に向き合うことで、アロマテラピーの有効性が科学的、あるいは医学的に立証される事を目的としています。

 

認定試験について

試験内容:筆記試験90分

試験料:20,000円+税

開催日:認定校が定めた日程で実施

試験会場:認定校にて実施(ライブラ香りの学校各校舎にて)


お申込みフォーム

ライブラ香りの学校 天秤

ロゴマークのモデルになっているのは 創業当時の小さなハーブショップで使っていた「天秤」。右に「品質」、左に「誠実」。どちらかが劣って傾くことがないように 高品質にこだわって、誠実なスクール運営に努めています。品質:創業以来、常に授業・講師・教材にこだわってきました。 これまでも、これからも、 品質の高いアロマテラピーであり続けることをお約束します。誠実:ライブラ香りの学校のアロマテラピーはみんなを笑顔にします。 ライブラ香りの学校は笑顔があふれるスクールです。


ライブラ香りの学校 資料請求
ライブラ香りの学校 講座申込
ライブラ香りの学校 問い合わせ


ライブラナチュテラピー オンラインショップ
ライブラナチュテラピー 総合トップ